国際登録出願

国際登録出願とは?

国際登録出願とは、日本の特許庁に継続している自己の出願や商標登録などに基づいて国際登録出願することをいいます。

国際登録出願の基礎となる出願又は登録

国際登録出願は、特許庁に継続している自己の商標登録出願又は防護標章登録出願、自己の商標登録または防護標章登録を基礎として出願しなければなりません。 自己の商標登録出願又は自己の登録商標のみならず、自己の防護標章登録出願及び自己の防護標章登録をも基礎として出願できる理由は、そのような著名な標章は、我が国のみならず、外国においても保護する必要性が高いところ、仮に保護できないとしたら、防護標章登録を受けている商品や役務について再度商標登録出願をしなければならないという負担を課すことになってしまいます。我が国における著名な標章を用いて外国で新規事業を開拓するためにも、自己の防護標章登録出願又は自己の防護標章登録に基づいて国際登録出願を認める必要性があるのです。

国際登録出願ができる者

日本国民又は日本国内に住所若しくは居所を有する外国人は国際登録出願をすることができます。 基礎となる出願又は登録が共有に係るものであるときは、その共有者全員が上記の国際登録出願の出願人適格を有している必要があります。

国際登録出願はどこに出願するか?

必ず基礎出願又は基礎登録のある本国官庁を通じてしなければなりません。国際登録出願をする場合には、特許庁長官に対して行う必要があります。マドリッド協定議定書2条(2)には「国際登録の出願(国際出願)は、基礎出願を受理し又は基礎登録をした官庁(本国官庁)を通じ、国際事務局に対して行う。」と規定されています。

国際登録出願は何語でするのか?

国際登録出願は英語でする必要があります。

国際商標登録出願

国際商標登録出願とは?

わが国以外の締約国における登録、出願を基礎として、当該締約国の特許庁を通じ国際事務局になされた国際登録出願であって、わが国を指定する領域指定により国際登録の日にわが国にされた商標登録出願とみなされた商標登録出願のことをいいます。

国際登録の日とは?

国際登録の日とは、日本国を指定する領域指定であって、マドリッド協定議定書3条(4)に規定する国際登録の日のことをいいます。



戻る